2017年08月01日

8月1日

ホンジュラス テグシバルバでの日程。アルセロ国務大臣、外務次官お2人との会談。地元マスコミとの記者会見、邦人の皆さんとの意見交換など。
日本の存在感が大きく、さっそくテレビなどでも取り上げられておりました。松井大使をはじめ、皆さんの日常の積極的な活動が伺える充実した行程でした。
お世話になりました皆様に心から感謝申し上げます。

乗り継ぎでエルサルバドルの首都サンサルバドルに。着任されたばかりの樋口大使にご案内頂き、エルサルバドルの代表的な郷土料理であるプブサの屋台に。いつも心配されるのですが、ついつい食べてしまいます。
これからメキシコへ。

シカゴ、アラスカのアンカレッジ、カナダの首都オタワ、パナマ、ホンジュラスと基本的に北から南に下りて行った今回の出張も最終盤。エルサルバドルの首都のサンサルバドルからメキシコシティへ。そこからは、もはや定番となったANA成田行きです。
テレビではこの地域最大の課題といえる、ベネズエラの治安悪化が特集で取り上げられております。
この問題は同国に留まらず、地域全体の大きな不安材料です。そのような思いもあり、ベネズエラの首都カラカス訪問は何度か企図したのですが、治安の関係でついに叶いませんでした。
かつてはとても美しい街であったと聞きます。治安が落ち着けば、いつか訪ねたいと思っています。
中南米の大部分の国の公用語であるスペイン語は実に耳に心地よく、ラテンアメリカの明るさ、優しさそして大らかさを感じさせてくれました。
そして、多くの国々が"日本びいき"です。そんな中南米を担当できましたことは、大変幸せでした。今後もわが国として大事にしなければならない地域であるとともに、今後も私なりに役割を果たして参ります。
皆様への感謝の思いを胸に、政務官としての最後の夜行便です。美しい星空を眺めながら帰国します。
【日記の最新記事】
posted by たけい俊輔 at 17:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

7月30日

パナマ運河へ。規模の大きさと、ギリギリを通す操船の技術に驚きました。
1900年初頭にこのような技術で築かれたことは驚き。
今日夕方には自衛隊の練習艦も通過するとのこと。わが国にとっても様々な意味でも重要な役割があることを実感。

更に南下し、中米のホンジュラスに。首都のテグシバルバに。山肌にへばりつくように街並みが並びます。
パナマに比べますと高層建築物もなく、中米らしい感じがします。これからホンジュラス日程です。

ホンジュラス日程。ちょうどロナウジーニョ選手が出場する試合が開催されており、もともとサッカー人気の高くテレビには多くの人の輪が。
私にも空港から早速取材があり、関心の高さを伺わせます。日本の技術支援で橋などを視察し、大使公邸へ。
中南米を知り尽くす松井大使、そして29歳の新進気鋭の若手 中野料理人。おばあさんが高千穂に出身とのこと。ご縁を感じます。
治安や交通整理の観点から、警察車両がついてくれます。とかく治安のことを言われますが、車の運転などは概ね穏やかで、人柄も大人しい感じです。
ホンジュラスコーヒーも飲みました。日本でも「成城石井」など高級店で売られているのですが、近隣のグアテマラやジャマイカなどと比べ知名度が薄いのが事実。どうプロモーションするか、松井大使も知恵を絞っておられます。この国の貴重な外貨収入源でもあります。ぜひ皆様も応援よろしくお願い申し上げます。
明日は総括大臣と2人の外務次官との懇談、記者会見も予定されています。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

7月29日

オタワ日程です。加日議員連盟会長他、日本への日本語教師や役所での業務への派遣事業である「JETプログラム」の送り込み式、有識者との夕食懇談など。
北朝鮮がICBM級の弾道ミサイルを発射したことは許しがたく、この件への問題意識共有に最も多くの時間を割きました。しかしやはり北米中南米では地理的にも遠く肌感覚として難しい部分もあります。それをどう伝えてえいくか、私たちの役割が試されます。
これからオーランド経由でパナマに向かいます。宮崎は「まつりえれこっちゃ宮崎」。今年は参加できず、申し訳ありません。

オタワから乗り換えのため、フロリダのオーランドに。オタワで既にアメリカの入国手続きをするという変則的な仕組み。実質的にはアメリカの国内線に近い感覚です。
このオーランド。ケネディ宇宙センター、ディズニーランドを擁する観光地ですが、5時間という微妙な乗り継ぎ時間のため、外にも出られず。
パナマ行きのコパ航空はラウンジもないので、空港内のNASAのアンテナショップなどを見て行ったつもりに。

パナマに到着。夜9時過ぎになりましたが、早速遠藤大使から現地情勢のブリーフィング。
運河のみならず地域のハブ(中心機能)を果たせという国家方針、経済情勢などについて説明を受けます。確かにコパ航空もラ米(ラテンアメリカ地域)にかなり厚いネットワークを持っていることに驚きました。
また、台湾との国交断絶及び中国との国交樹立の経緯、下水道整備など日本のインフラ貢献、便宜置籍船(いわゆる「パナマ船籍」の船舶)の問題、ベネズエラ問題も含めた昨今の近隣諸国情勢など幅広く意見交換。
明日はパナマ運河の視察を行います。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする