2017年05月02日

5月2日

パリのシャルルドゴール空港からのエールフランス便は離陸を直前に断念し、一度ピットに入り整備をやり直すトラブルで約1時間半遅れて出発。整備士が大声でやり取りしているのですが、フランス語なので何一つ分からず、逆に肚(はら)が座ります。
しかしようやく飛んでからは快適で、美しく広がる農地と地中海を抜けて、一路モロッコの首都ラバトへ。実に美しく爽やかな風の吹き抜ける街です。広い空とフェニックスの並木は宮崎とどこか似た雰囲気です。
これから首相や大臣との会談、そして40人ほどの企業の皆さんが参加するビジネスミッションの団長として会議やレセプションに臨みます。

ラバトでの日程がスタート。オトマニ首相をはじめとする経済関係の大臣との会談、団長を務める経済ミッションの皆さんと大臣との意見交換。レセプションでのスピーチなど。
モロッコ政府の日本への期待と、企業側の熱意。繋げていくのも私達の役割です。明日も引き続き頑張ります。

1日目の行程を終え、大使館や随行の皆さんと食事会。海辺のレストラン。トラムが夜景を彩り、料理もかつてポルトガルで食べたものに似ているスペイン風の料理。まるでヨーロッパの箱庭にいるようです。
しかし向かい側のムハンマド5世の霊廟である「ハッサンの塔」からは、礼拝の祈りが爽やかな風に乗せて届き、ここがイスラムの国であることを感じさせます。
さて、このお店をチョイスしてくれたことも含め、このモロッコ大使館でいろいろお世話になっているスタッフの牧薗さん。
宮崎出身ということで、もしやと思って聞いてみましたら、やはり。私が高校のときの国語の牧薗先生(最後は清武の「みなみの風支援学校」の校長先生で退職され、いまは再任用で別の県立高校で教えておられます)の娘さんでした。
宮崎大学へのモロッコからの留学生との関係からこの国のファンになって、名古屋の大学院の博士課程に在籍しながら大使館で働いているとのこと。
いやいや、地球の裏側でびっくり。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

5月1日

気の置けない役所の友人と食事をして羽田空港へ。ここからまず一路パリに向かいます。今回はホテル2泊、機中5泊、特に後半は機中3連泊という強行軍です。
アフリカは域内を横に移動する手段に乏しく、一度ヨーロッパや中東に戻るため、やたら移動が長くなります。体力と気力も必要ですが、旅行の仕事をしていたことが本当に活かされます。
なかには灼熱の地もあるようです。では、行って参ります。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

4月30日

今日も在京当番。引き続き緊張感を持って臨んでおります。今日は議員会館で担当のテロ等準備罪審議の過去の国会質問部分までをみて、自分なりに答えるロールプレイング(こちらではシャドーボクシングなどともいいますが)をしております。
お昼ご飯に赤坂に出てきました。心地よい春の日差し。日枝神社に今日の日和のごとき平穏をお願いして参りました。
歩く人もまばらでいつもとは違う静かな街。この機会に携帯電話などなかなか普段できない事務手続きなど済ませ、再び議員会館に戻ります。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする