2017年07月21日

7月21日

岸田外務大臣が地方に赴く、私がプロジェクトチームの座長をしています外務省「地方を世界へ」プロジェクト。第6回がスタート。初めての四国です。
前後に政務も挟み、2泊3日の行程で、香川県(栗林公園、うどん作り、小豆島など)、兵庫県(神戸大学講演、関西領事団との懇談など)、また政務では香川県観音寺市で大平正芳元総理の墓参なども。
夕暮れの瀬戸内海は息を呑むような美しさ。讃岐平野のため池に照らされる夕日も美しいですね。
どうやら私としてはこのプロジェクト、最後になりそうです。心を込めて役割を果たして参ります。

宏池会の同志である平井代議士にお声かけ頂き、磯崎参議の司会のもと、浜田県知事、大西高松市長他の皆さんとともに、岸田大臣を囲む会。
私もご挨拶と乾杯をさせて頂きましたが、この宏池会に由緒深い香川県を支える多くの皆様と様々なお話しをさせて頂きました。
明日は観音寺に伺い、大平正芳先生の墓参に参ります。その後、外務省の公務です。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。