2016年09月29日

9月29日

毎週木曜日お昼に開催される宏池会の例会。岸田文雄会長から今後の国会に臨む心構えについてお話がありました。厳しい国会ですが、宏池会そして外務省双方のボスである岸田会長のもとしっかりと役割を果たして参ります。
また次回以降の例会について、かねてより岸田会長にお願いしておりましたが、この度お聞き届け頂き、マスコミの記者の皆さんには会長挨拶などの後、一度部屋から退出して頂くことになりました。
もちろんその後ブリーフ(説明)は致しますし、記者さんを徒らに排除するものではありません。また、聞きますと他の派閥はもとよりそのような取り組みのようであります。マスコミ各社の皆さんにも概ねご理解頂けたのではないかと思います。
その意図としては、私達議員同士で真剣に議論するべき政策や対応もあり、そのためにも必要であると考えております。
その意味でも週一回の例会の活性化は不可欠であり、その端緒になるものと確信しております。
また来年の宏池会60周年に向けての実行委員会結成についても岸田会長よりご指示がありました。一歩ずつ、前に進んでいく状況を心からうれしく思うとともに、いつもお心広く私達の思いにお応え頂く岸田会長の懐深いお人柄に心からの敬意と尊敬の思いでいっぱいであります。
宏池会が、次のステージに向かう、その準備を一歩ずつ進めて参ります。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

9月28日

本会議が終わり、早稲田大学人物研究会からのインタビューが。
尾花沢市からオバマ大統領までのリレーインタビューという気の遠くなるようなものが某市長、某代議士を経て廻ってきました。("完結"までは伏せておいた方が良いみたいです)
かつて深夜に名古屋のCBCの「ノブナガ」なる番組の中のごはんリレーなるコーナーを延々とやっていましたが、それを彷彿とされる遠大さ。こういうぶっ飛んだ企画、個人的には大好きです。
さて、次をどうするか。私が声かけられる中では最も近そうな方もいますが、受けてくれるのか(笑)
いつ完成するか、そもそもするかも分かりませんが、その時まで乞うご期待。

posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

9月26日

朝8時からの外交部会、日韓議員連盟(写真は 河村 建夫幹事長)、外務省での説明などが続きます。
外務省の政務を預かっているため非公式な発言は控えておりますが、諸課題解決に未来志向で臨んで参ります。

仲間のパーティ、某官庁の皆さんなどとの飲み会を終えて帰るところで旧知の記者にばったり。大好きなエンガワの刺身だけをつまみに2時間ほど。
話題は某元アナウンサーがブログで特定の疾病の方について激しい言葉で批判し、患者団体から抗議を受けていることについて。
ネットの世界は右でも左でもどんどん"寄っていく"傾向があることは何度か述べてきました。
ある新聞なども日に日にキャプション(見出し)が激しくなり続けています。
今日の外務省である案件を説明受けたときも議論したのですが、一度"方向性"を定めれば、その"界隈"にいる人たちに評価される、され続けなければならない、そのために言葉が過激になっていく、そういう人が少なからずいます。かつては「世界まるごとHOW much!」などといっていた人気米国人タレントがまったく変質してしまったことなどは、子供時代に彼をテレビで見ていた1人として未だに受けとめ難いものがあります。
今回の某元アナウンサーのブログや反論に対する論駁などもそれと軌を一にしているように感じます。
少なくとも、その向こうにいる人がどう感じるか、それへの"思いやり"は到底感じられません。
ネット特にコメントやSNSは同好の士と繫がり、様々なことを創造しています。同じ志向の方といれば楽です。しかしそれが排他的かつ攻撃的になれば、モラルや社会性が亡失するリスクもあります。本当に気をつけて使わなければならない"道具"である、改めてそう感じます。
そしてそのような時代なればこそ、人の痛みに敏感である人間でありたい。
少し肌寒くなった深夜の街を歩きながら、そのようなことを感じます。また明日も、頑張ります。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする