2016年03月18日

3月18日

今朝は理事を務めている内閣委員会から。
内閣委員会は担当大臣が8人と多く他の委員会との関係で途中休憩などが多く、結果として拘束時間の長いのですが、安定的に委員会が進むよう役割を担って参ります。
その合間に党本部での農林水産業骨太プロジェクトチームに。JA全青協(JA youth)の天笠会長からヒアリング。
正直に、国産にというひたむきな思い、組織の中から変えようという熱い思いを実感します。
外からJAのあり方を批判するのは簡単です。しかしどう考えてもJAがプレーヤーの中心であることは今後も変わりません。その組織の中で巨艦をゆっくりでも前に進めようとされる若手の皆さんには心からの敬意を感じています。
今後も共に歩んで参ります。

電通本社で開催されたオンライントラベルセミナーの懇親会に。楽天トラベル時代の同僚なども多く、懐かしさとともに旅行や観光が不動産をはじめ様々なプレーヤーとともに大きな渦の中にあることを実感。
皆さんのあとに道ができる。道の先の大木が切るべきものか、避けるべきものか、また木陰にするため必要なものか、観光庁とともにしっかり考えていきたいとご挨拶。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする