2016年03月06日

3月6日

今日は横田県議とともに佐土原町の女性の皆さんとの意見交換会から。
佐土原町の活性化に中心となって活躍されている皆さんとの熱い議論。
学校や年金など様々な課題へのお声もあり、私にとっても大切な学びの時間になりました。
日曜日の午前中からお集まり頂き、感謝申し上げます。

佐土原町内にて水田の草払いを終えられた皆さんとの意見交換会。
米政策について、農業農村基本計画による飼料米加工米の対応、土地改良、そしていま党で私達が取り組んでいる輸出戦略などについてご説明。
「米をこれから作り続けて良いのか?」率直なお声が寄せられます。
しかし米は日本の基であり、文化そのものです。
こうして皆さんが草を払い、畔を整えることの米で生計が立てばこそです。それが崩壊すれば、イコール地域コミュニティの崩壊であります。
まさに現場でのお声を踏まえ、これからの議論に臨んで参ります。

宮崎平野は春神楽の季節になりました。五穀豊穣を祈り、水温む季節への喜びを感じます。
地域で次代に繋ぐ取り組みにも積極的です。
暖かい拍手に包まれる楽しい時間が続きます。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする