2016年02月07日

2月7日

今日は小雪の舞う和歌山市での「ふるさと対話集会」です。
北朝鮮のミサイル発射。
まず状況の確認ですが、北朝鮮が自ら首を絞めることになること、そのメッセージを強く発出していかなければならない、断じて容認できず、改めて強く自制を求めたいと思います。

門 博文代議士にお声かけ頂き、和歌山市内でふるさと対話集会。
観光関係の課題を数多く議論できました。過日国体のときお世話になった加太地区の旅館や料理店経営の方、大阪府の泉南地区との連携の課題もあり、大阪府岬町からも参加者がありました。
和歌山の皆さんの熱い思いにも触れ、また門代議士の夢を語る姿にも感銘を受けました。
今後も共に取り組んで参ります。

和歌山での日程を終え、関西空港から上京。車窓には美しい和歌山城。今回も見るだけ。未だ一度も行けておりません。今日の話題でも和歌山城をどう活用するか、門代議士は現在の戦後に鉄筋で建てた城郭が耐震も厳しいので、紀州の材で建てたいとの熱い思いが語られました。
私からは熊本城と比較などをお話ししましたが、本物には本物を愛する人が集まり、住民の皆さんの意識も変わります。和歌山でもそのような思いを感じました。今後に期待しつつ、帰途へ。

posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする