2016年01月21日

1月21日

衆議院本会議。選挙直前の転居により若者が投票できなくなることを防ぐ公職選挙法改正案が全会一致で可決されました。
特に転居の多い18歳への対応としては妥当かつ必要なことであります。
県議会におりましたときにも若年投票率向上について何度も質問を致しましたが、自動的な棄権を防ぐための住民票の移転促進、大学への投票場所の設置など今後も引き続きセットで進めて参ります。

posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする