2016年01月18日

1月18日

宏池会の岸田文雄会長との懇談会。岸田会長から日韓合意のお話を伺い、岸田外交の信念に触れ、改めて宏池会なればこその存在感を改めて実感しました。
その後台湾の旅行業者の方と意見交換。総統選挙のことに。
台湾海峡関係が緩和し、その結果多くの中国人観光客が訪れたことが、結果として"台湾人"のアイデンティティ(主体性)を意識させたことは皮肉だということでした。
一方で大陸との関係を大きく後退させることはもはや台湾経済としては有り得ず、まさに"現状維持"か妥当だといいます。
特に台湾からの訪日客は多いのですが、日本からの訪台客も増やすことにも取り組まなければ、結局長期的には中国依存体質のトレンドは変わらないのではないか、とのことでした。
日本には、"ウマの合う"民進党の躍進には肯定的な論調も多くありますが、これからどう台湾が進んでいくのか、何れにしても相互の交流を進めること、私たちもその役割を果たそうと約して、解散。
これからも価値観を共有する、日本には大切なパートナーです。
台湾のこれからに期待!

posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする