2016年01月16日

1月16日

自民党熊本県連の「明日のリーダー育成塾」にて九州の観光について講演。
福岡を中心に阿蘇までという観光流動を、南九州が連携して天草や人吉球磨を中心にした流れを構築するか、またクルーズ船の現状と課題などについて。
観光は"草の根安全保障"。お一人おひとりの役割を持って盛り上げましょうとお話させて頂きました。
真剣に聞いて頂き、質疑も活発で良い時間になりました。貴重な機会に感謝申し上げます。
溝口 幸治県議に人吉まで送って頂きました。ここからバスで一路宮崎へ。

宮崎に戻り、宮崎地区建設業協会青年部新年会。いつも宮崎の危機には颯爽と登場する、いってみればスーパーマン。
会社を担う覚悟を持った明るく、前向きな皆さんです。いつもあっという間の楽しい時間。
ありがとうございました。

軽井沢バス事故から1日経ち、改めて事故の悲惨さと事業者の杜撰さに愕然としております。
ご質問やご意見も何点かありますが、その中で旅行会社やバス会社の関係などについてご質問が多くありますので、今度のために少し整理して、思いを述べます。
まずこのスキーツアーは旅行業法でいう「募集型企画旅行」(一般的には主催旅行といいます)に分類されます。
旅行会社の扱う旅行にはこの主催旅行と手配旅行がありますが、この主催旅行とはその名の通り旅行会社が企画するもので、募集型企画旅行とはその中でも宣伝広告をして不特定多数の人を集めるものです。
一方の遠足や社員旅行など求めに応じる手配旅行に比べ、まさに旅行会社が全責任を負うため、消費者保護の観点から重い責任が定められており、旅程管理・旅程保証・特別補償といういわゆる"三大責任"が旅行会社には課せられています。
旅行会社には1〜3種の区別がありますが、1種は国内外、2種は国内の主催旅行ができ、3種は手配旅行しかできません。これは供託金など条件があります。すなわち主催旅行を行うというのはそれだけ重い責任があるのです。
確かに旅行会社が事故を起こした訳ではないというのはその通りですが、そのバス会社を選んだのは旅行会社です。この判断は誠に大きなものであり、従って今後の補償などの一義的責任は主催旅行会社にあります。
その上で、現状は利用者は主催旅行会社がどのバス会社を使うかを知る術がありません。
旅行のパンフレットなど見て頂ければ分かりますが、自社のバスを使う場合や余程特徴のあるバスを使う場合でない限り、バス会社が明示されることはありません。
今後は主催旅行においても募集の段階でのバス会社の明示とインターネット上などでのその会社の安全性表示(一般的には10万キロごとの事故率など)などを進めなければならないと考えます。
例えばバスツアーなどで泊まるホテルは必ず記載してあります。利用バス会社も同様に記載することはできるはずです。
また高速道路料金を予め決め、その範囲内でというのは無理に危険かつ不案内な一般道路を走る原因になります。これも制度を何らかの形に改めなければなりません。
バス会社については、その責任の重さはいうまでもありません。土下座しても亡くなった方の命は戻ってきません。
率直に申し上げ、私個人としては品質や安全性において、現行の許可基準は甘いと思っております。今回の事故でもそれが改めて顕在化したと感じておりますが、これは、まだ事故対応中ですので、落ち着きましたらまた述べたいとおもいます。
何れにしても、何の落ち度もない希望あふれる大学生がこの様に多く亡くなってしまったことは痛恨の極みであります。
まずは事故の対応、そして今後は業界あげて課題解決に臨むことを強く求めます。
しかしまだ、そのまだまだ前のステージです。遺族や被害者への誠実な対応をとにかく望みます。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

1月15日

今日は朝から西へ向かってます。お昼に博多で会食後、長崎へ。JR九州のスイーツトレイン「或る列車」の試乗です。
軽井沢のバス事故が気になります。すでに亡くなられた方も出ているようです。
心からご冥福をお祈りするとともに、お怪我をされた方の回復をお祈り致します。
まずは主催会社のしっかりとした対応を求めたいと思いますし、その旨は国交省観光庁にも対策を求めて参ります。

博多駅のJR博多シティにて昼食。観光の現場の意見など良い意見交換ができました。
外国人がたくさん。いわゆる"名古屋メシ"のお店だったのですが、アジア風の4人組のうち日本が詳しそうな1人が「It 's Hakata taste!(博多の味)」と話して、他の3人がそれぞれ感想を述べておりました。
一瞬迷いましたが、何も言わずに立ち去ってしまいました。
靴が壊れたので買いまして、これから一路長崎へ。

JR九州スイーツトレイン「或る列車」。長崎駅を出発。
豪華な調度品と木の香りにただただ圧倒。基本的には「ななつ星」と同基準のしつらえ。これから大村湾沿いを佐世保まで。

「或る列車」で佐世保まで。車内での九州産の食材にこだわった料理とスイーツは甘党の私には夢のような時間。
飲み物は都農ワインのスパークリングや日向夏ジュースもあり、宮崎もしっかり組み込まれています。
普段なかなか乗らない長崎本線の旧線も走り、車窓の美しい大村湾の夕景は思わず息を呑むほど。
いつか本県内の日豊本線などにも走ってもらえるように願わずにはいられませんでした。
JR九州の皆さんも同乗され、良い意見交換ができました。皆様、大変お世話になりました。

軽井沢のバス事故。前途有望たる大学生が多く亡くなられたことは痛恨の極みです。改めてバスが人の命を預かること、主催旅行事業者の責任の重さを実感しております。
報道や様々な意見交換などで少しずつ状況が分かってきております。津島政務官ともお話させて頂いたのですが、今後の規制のあり方や課題は今後協議するとして、バス会社出身の経験も踏まえ、いまの段階で私が問題視している点を述べたいと思います。
まず主催旅行会社の代表が高速道路を運行するよう指示していたが、なぜ事故現場の道路を走ったのか分からない、と述べています。
バスは「運行指示書」に基づいて走ります。これは法令に基づいた極めて重いものであり、乗務員は渋滞や事故などで高速を降りたりする場合でも必ず運行管理者に報告します。
そのようなものでありますから、常識的にみても乗務員が指示されたルートを自身の判断で勝手に変えて、しかも危険の伴う地理に不案内な道を走ることはありません。そもそもそうする理由もありません。
すなわち、主催旅行会社かバス会社が経費削減のために極力高速区間を減らすよう指示していたと考えるのが順当と言えます。
被害者の方がインタビューで、休憩の場所や時間が曖昧たったとの証言がありました。これは、そのような指示を疑わせる証左だといえます。
乗務員は2名とも亡くなられました。
亡くなられた方に責任を転嫁するようなことは許されません。
また今回運転していた乗務員は臨時雇用的存在なので健康診断はしていなかったという点も疑念があります。
バスの繁忙期は、春と秋の旅行シーズンであり、この時期は特段の繁忙期とはいえません。
しかも急な大規模な大会などと異なり、予め見込まれるツアーです。即ち、このバス会社は臨時雇用の乗務員で恒常的に運行してたのではないかという疑念があります。このあたりは実態をよく調査しなけれはなりせん。
加えて、65歳の乗務員で夜行で走るというのは体力的にまた動体視力の低下など考慮しても適正だったのか、しかも慣れない道であれば尚更であります。
その他にも疑問の点も多くあり、逢沢一郎会長ともお話し、対応が落ち着いた段階でバス議連役員で今後の対応の協議も行うことになりました。
しかしまずは国土交通省においては、全力で被害者の皆様への対策に臨んで頂きたいと思います。
改めて、犠牲になられた方のご冥福を心からお祈りするとともに、お怪我をされた方の回復をお祈り申し上げます。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

1月14日

今朝はそれぞれ副部会長の国土交通部会と外交部会の同時開催。身体が1つしかないのがつらいところ。
外交部会はユネスコの記憶遺産等について。そもそも世界遺産などとは審査基準や選考の仕組みが全く違うもので、そもそも"記憶遺産"というスケールの大きな表現に馴染むのか、根本的な疑問もあります。
今後は中国が提出した資料の精査などを進め、引き続きかつ丁寧に議論を進めて参ります。

補正予算に係る本会議が終わり、党農林関係の合同会議。
今般、小泉部会長の思いを受け「農林水産業骨太方針策定PT(プロジェクトチーム)」が立ち上がることになりました。引き続き、取り組んで参ります。

事務局を務めている九州沖縄ブロック同期会「九沖がまだす会」。
今日は麻生副総理がゲスト。初めて少人数でじっくりお話致しましたが、大変学びかつ飾らない人柄に触れるあっという間の時間となりました。
楽しい時間に感謝。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする