2016年01月21日

1月21日

衆議院本会議。選挙直前の転居により若者が投票できなくなることを防ぐ公職選挙法改正案が全会一致で可決されました。
特に転居の多い18歳への対応としては妥当かつ必要なことであります。
県議会におりましたときにも若年投票率向上について何度も質問を致しましたが、自動的な棄権を防ぐための住民票の移転促進、大学への投票場所の設置など今後も引き続きセットで進めて参ります。

posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

1月20日

今朝も民泊についての協議から。
全国賃貸管理にビジネス協会など不動産関係の皆さんからのヒアリング。トラブルの課題なども報告。損害保険商品の必要性なども。
民泊が進めば"主役"になるであろう業界で、関心の高さが伺えます。

国土交通部会。軽井沢バス事故について。黙祷からスタート。
業界出身として痛恨の思いしかありません。
私からは現段階として、とにかく亡くなられた方、お怪我をされた方の対応が大手事業者での事故と差異があるようなことはあってはならないこと、それは仮に運行会社、バス会社が会社として存続しなくなったとしても、それが責任を持って行われ続けること。そして原因究明において「死人に口無し」とばかりに乗務員のみに責任を帰するようなことが絶対にあってはならないこと。以上2点を申し上げました。
これからのことは、課題山積ですが、一つ1つ課題を精査し、退場すべき事業者にはきちんと退場させる仕組みを構築し。二度とこのような事故を起こさないことを政治の意志として示していく。
正念場であると考えます。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

1月18日

宏池会の岸田文雄会長との懇談会。岸田会長から日韓合意のお話を伺い、岸田外交の信念に触れ、改めて宏池会なればこその存在感を改めて実感しました。
その後台湾の旅行業者の方と意見交換。総統選挙のことに。
台湾海峡関係が緩和し、その結果多くの中国人観光客が訪れたことが、結果として"台湾人"のアイデンティティ(主体性)を意識させたことは皮肉だということでした。
一方で大陸との関係を大きく後退させることはもはや台湾経済としては有り得ず、まさに"現状維持"か妥当だといいます。
特に台湾からの訪日客は多いのですが、日本からの訪台客も増やすことにも取り組まなければ、結局長期的には中国依存体質のトレンドは変わらないのではないか、とのことでした。
日本には、"ウマの合う"民進党の躍進には肯定的な論調も多くありますが、これからどう台湾が進んでいくのか、何れにしても相互の交流を進めること、私たちもその役割を果たそうと約して、解散。
これからも価値観を共有する、日本には大切なパートナーです。
台湾のこれからに期待!

posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする