2015年08月16日

8月16日

桜島の噴火警報について、行政や顧問をしている南九州観光誘客促進連合など関係者と意見交換。
避難の対応があるのは桜島島内であり、鹿児島市内や指宿、霧島、大隅半島などは影響ありません。
先日の調査した箱根でも感じましたが、火山に係る風評被害は難しく長期化するものがあります。
南九州の観光は一体的でありますので、広報対応も含め状況を見ながら地元の先生方とともに取り組んで参ります。

事務作業をしながら、首都圏以外で放送されている、「〜委員会」なる番組を見ました。
内容への論評は致しませんが、外務省や外交官を酷評していた点については強い違和感があります。
海外に出ますと、外交官の皆さんにお世話になったり、様々な話を致します。
その中でいつも彼ら(もちろん女性もいますが)が如何に国益のため、様々な厳しい環境で懸命に働いておられるかを実感します。
過去の検証はもちろんあって然るべきですが、それを以って現在も含めた全体を否定するのは間違いです。
世界において国益を代表する組織を国民が貶すようなことになれば士気に関わるだけではなく、結果としてわが国のためになりません。
良く"美しい日本"などと発言される方々ですが、発言は本当にそれに叶っているのか、矛盾も感じます。
いずれにしても、改めて自分自身も含め、自戒したいものです。

市ヶ谷にある宮崎県東京学生寮の「元寮生の集い」に。
上京し初めて住んだのがこの学生寮で、当時の寮監で県職員の甲斐正光さんには大変お世話になりました。
今日の集いも甲斐さんの尽力で実現。乾杯のご挨拶でも申し上げましたが、人の繋がり、責任を負う世代として、ご縁を大切にして参ります。
同じく元寮生であった俳優の堺雅人さんからもメッセージが来ておりました。丁寧な内容で人柄が伝わってきました。
残念ですが中座して、これから明日からの台湾訪問に備え、上京です。

Uターンでごった返す宮崎空港。多くの方にお会いしますが、普段は厳しい感じの方もお孫さんとのお別れでは優しいおじいちゃんだったりと違う一面がみえて微笑ましいシーンも。
雲は厚かったのですが、切れ間から大きな船がみえました。たぶん油津港に来ていたクルーズ船と思われます。日南市をはじめ関係各位のご努力に心から敬意を表します。
機内音楽で懐かしいPUFFYの「渚にまつわるエトセトラ」が。宮崎交通に入った最初の年、広告宣伝課で担当した青島海水浴場の海開きでガイドさん達に踊ってもらったのを思い出しました。
私にとってはこどものくにの「納涼バス」と並ぶ夏の懐かしい思い出です。
明日からお仕事という方も多いかと思います。私もお盆モードも切り替えて頑張ります。

先輩代議士から読んだ方がいいとお勧め頂き、慌てて飛行機に乗る前に買って読んだ読売新聞の元国連事務次長の明石康さんのインタビュー。
ボスニア紛争時、人道目的の空爆という、戦後日本人で最も厳しい決断をした人の一人といえます。なればこそ、発言には実に重みがあります。
明石さんは、いわゆる"昭和ヒトケタ世代"といわれる終戦時児童生徒だった世代です。この世代は終戦時の教師や大人の"豹変"ぶりを最も敏感に感じ取った世代です。
その中で、実に過去にも誠実に向き合い、バランス感覚に溢れた内容でした。
まさに"良質な保守"の流れを感じます。ぜひ一度お話を聞いてみたいものです。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする