2015年08月14日

戦後70年の安倍談話

安倍総理より、戦後70年の安倍談話が発出されました。
反省など過去の談話の主要部分は踏襲され、「戦禍によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛い記憶は、これからも、決して癒えることはない」と言及されるなど内容は穏当なものであり、独立への感謝の部分も含め諸外国にもよく配慮されたものであったと思います。
「その上で、あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」との言葉は極めてインパクトがありました。しかしこの言葉はそれに続く「しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。」の部分までが"セット"になっていることを認識しなければなりません。
すなわち、決して過去を断ち切るとか開き直るということではなく、冒頭のように過去を踏まえた上で未来志向で歩むという意味で、重要なことである思います。
その後NHKのニュースに出演した安倍総理が「全体をみて欲しい」という旨を言われておりました。
確かにキーワードも重要ですが、大事なことはそれぞれが自分の主張に沿う部分だけ切り出したりせず、大意として感じるものを受け止めることであると思います。
私たちは、過去に真摯に、一部にみられる行き過ぎたナショナリズムとも一線を引き、尊大になることなく、一方で主張すべきことは主張する。
そのような国を作っていくにおいても、今回の安倍談話はその礎になり得るものであると思います。
明日、天皇陛下からも、おことばが述べられます。それも併せて平和への思いと決意を深めて参りたいと思います。


談話につきましては、新聞などからコメントも求められておりますので、よく読んでまた書きたいと思います。
今夜は護国神社におきまして「御神灯奉献奉告祭」に。
お祭りの後、杉田宮司から、70年前のこの14日がいかに激動の1日であったか、お話がありました。
70年前のいまこの時間、昭和天皇がいかなる思いでおわしたか。改めて思いを致す夜です。
posted by たけい俊輔 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする